SYSTEM ALERTS (3)
Audio Connectivity Issus When Dialing Taiwan Toll Numbers.
主催者ログイン

サポートへのお問い合わせ
 
 
Skype for Businessで最大250名参加のオンライン会議が簡単に開催いただけます。 クイックスタートガイドへアクセスしご活用ください。
 
ヒント
会議の招待状にカレンダーを加える

2012年3月31日、「ダイヤルイン番号を表示する(Display Dialin Numbers)」のページで、「カレンダーに加える」機能が新たに追加されました。この機能により、SAP Connectセッションのカレンダー招待状を、テキスト形式で簡単に作成することができるようになりました。SAP Connect Portalの「アカウ ントの管理(Manage Account)」>「ダイヤルイン番号を表示する(Display Dialin Numbers)」を選択します。招待状に記載したいダイヤルイン番号を選択します。「選択した電話番号をHTMLで表示」、「選択した電話番号をテキストで表示」のいずれかを選択した後、次のページの下方に「カレンダーに加える(Add to Calendar)」というボタンが表示されます。「カレンダーに加える(Add to Calendar)」をクリックすると、ics.カレンダーファイルが作成されます。日時を更新し、必要な場合はタイトルを変更し、招待したいメンバーを加えて送信します。
SAP CONNECT Meetingから国際電話を掛ける方法

国名を選択し、電話番号を、[Join Audio Conference box(オーディオ会議参加ボックス)]に入力します。その後、[Join( 参加)]をクリックします。
ご自身の電話が鳴りましたら、お取り下さい。自動的に挨拶が表示され、会議に入室する事が出来ます。
迅速なSAPConnectサポート

電話会議やSAPConnectウェブ会議中に問題が発生した場合は、*0(米印と0)を押すとPGiサポートにつながります。問題解決のためには、もっとも迅速で効果的な機能であり、いつでもご利用いただけます。 *0を押すことで会議が中断されることはなく、会議に接続されている方ならどなたでもこの機能をご利用いただけます。テクニカルサポートの者が*0を押された方を一時的に会議室から移動させ、その方と個別にお話しし、どのように解決するかを決定します。
参加者の制限

tip2img.gif, 14kB SAPConnoctは自動化された、オンデマンドのサービスであり、参加者を300人に制限しています。もし300人以上参加する会議を行う場合は、「大規模会議を設定する(Schedule Large Conferences)」をクリックするか、当該の地域のPGIサポートチームにお問い合わせの上、オペレーター付き会議をご予約くださ い
SAP CONNECTでの記録方法は?

音声とウェブ画像の両方を同時に記録するには、先にオーディオ会議を会議室からスタートさせて下さい。[Audio menu(オーディオメニュー)]→[Start Meeting Audio(会議の録音を開始)]、その後[Meeting menu(ミーティングメニュー)]→[Record Meeting(会議の録画)]を選択します。この作業により、音声と画像が統合されます。詳しい記録や権限の情報などは、[Tutorials and FAQ's pages(チュートリアルまたは、FAQ'sよくある質問ページ)]でご確認下さい
会議室及びコンテンツフォルダへのアクセス許可

tip4img.gif, 11kB 会議室及びコンテンツフォルダへの許可が「公開する」に設定されていると、インターネット上でURLを持っている人は誰でも会議室に入ったり記録を視聴したりすることができます。この設定は機密情報や重要な情報を含む会議室やコンテンツフォルダではご利用しないようにしましょう。
コスト削減のヒント

費用面で最もお得なSAPCONNECTの利用法をご紹介いたします。詳細は こちらを クリック (SAPネットワーク内からのみアクセスできます).
聞き取り専用/解除のヒント

会議中の雑音やエコー、フィードバックや保留音を防ぐために、参加者全員の回線を聞き取り専用(ミュート)にします。主催者が、*96(米印と96)を押すことでそれが可能となります。参加者は*6(米印と6)を押すと聞き取り専用を解除できます。会議中に別の電話に出なくてはまりませんか?保留音を押す前に*6を押してください。そうす れば、会議室に音楽を流すことを防ぐことができます。
参加者全員を聞き取り専用にする

主催者は*96を押すことで電話会議への参加者全員を聞き取り専用にすることができます。大規模な会議を雑音の多い環境で行いますか?回線を保留にして、会議室に保留音を流している方がいませんか?*96が解決します。これは主催者パスコードでダイヤルインした主催者のみに有効な機能です。*96を押した後、参加者が聞き 取り専用を解除できるようにするかどうかを問うガイダンスが流れます。「はい」の場合は1を、「いいえ」の場合は2を押します。
ミーティングルームの後処理

tip6img.gif, 9.0kB 普段、ミーティングルームでは会議終了後、会議室を片付けて(削除など)からの退室となります。バーチャルミーティングルームでのノートポットへの入力などは、削除か保存して下さい。こちらを行って頂かないと、次回の会議の際に前回の情報が表示されます。
デスクトップの共有とアプリケーションの共有

tip7img.gif, 8.5kB 共有時は誤って見られたくない情報が開示されることを防ぐため、必要なドキュメントやアプリケーションのみを共有しましょう。もしデスクトップを次々に共有する必要がある場合は、IMやOutlookを閉じるなどして、重要なメッセージが他の方々に見えないようにすることが最も良い方法でしょう。
ダイヤルインとダイヤルアウト

tip8img.gif, 14kB ダイヤルイン番号を経由しての電話会議の参加は、通常「自分に電話する(call my phone)」ダイヤルアウト機能に比べて安価です。しかし、「自分に電話する(call my phone)」ではダイヤルイン番号やアクセスコードが不要なため、より簡単にご利用いただけます。
他の参加者をプレゼンターまたは、ホストに指名する方法

参加者に「プレゼンター」または、「ホスト」の権限を譲りたい場合は、参加者のエリアからプレゼンターかホストのエリア[Attendees pod(参加者ポッド)]に参加者をクリックまたはドラッグします。または、マウスを参加者の名前の上にあて、プレゼンターにする、又はホストにするを選択します。

チュートリアル
初めて使用する場合 会議のセキュリティに関するヒント
セキュリティコード 音声を接続する
音声コントロール 会議の録画
録画した会議の編集 アプリケーションの共有
プレゼンテーションの共有 表示オプション
カスタム会議室の作成 ファイルの共有
ウェブカムの使用 Managing Audio
お知らせ/注意

後から再生するために会議を記録することが可能です。データ保護及びプライバシー保護法に従って、会議を記録したい場合は参加者に周知する義務があります。参加者が記録に同意しない場合は、ミーティングを記録する権利はありません。この同意は書面(Eメールまたは録画自体の中など)で得ることをお勧めします。

プライバシーに関するお知らせ: 投票は匿名ではないため、参加はあくまでも任意です。

プライバシーに関するお知らせ: 参加者として会議室に入室し、コンテンツやチャットなど使用された際は、 ご自身でコントロールは出来ず、会議室のコントロール権はすべてオーナーになります。


“SAP CONNECTを個人的にご利用頂いた場合は、ご使用料金が従業員のコストセンターへ課金されますので個
人的ご使用はお止め下さい"
接続テスト

Please use the link below that pertains to your region when testing connectivity

  Region APJ

  Region NA

  Region EMEA